写真

弁類・計器

 

ダイヤフラブムバルブ・ボディ


 ダイヤフラブムバルブ・ボディ

日本国内規格(JIS.G.3477./G.3459)菅に対応した製品の供給が可能となりました。

BODY.(弁.本体)の材質鍛造素材/SUS-316.L(相当)で供給致します。

・研磨基準:ご指定の#(バフ)及び電解研磨に対応致します。

・接続方式:ISO./IDF.ヘルール.及びBW.を標準として在庫Diaphragm.(膜)

 10種の膜材質を取り揃えています。

 総て、FDA.認定品基準品として
 2.PTFF./EPDM.Bonded.5A.FDA.Section./177.1550./21.認証品

・駆動方式:手動式:自動式(空気:電気)/各種方式 機構方式に
 多々新機構が採用されています。

 

 

スウィング式チャッキ弁


 スウィング式チャッキ弁

液溜り0(zero)の構造と設計

材質:sce-16、(sus-316.L)精密鋳造製

仕様:サニタリー・ヘルール.(ISO/IDF)接続

仕上:内外面共、バフ、#/320.標準 電解研磨処理の要望に応じます。

JIS.G.3459./Sch.10.菅仕様 面間距離
025.mm 1/2B 77.mm
JIS.G.3447.サニタリー菅仕様 面間距離
025.mm 1.-S 110.mm
040.mm 1.5-S 130.mm
050.mm 2.-S 110.mm

 

 

ブリーザーバルブ

 ブリーザー.バルブ

内圧を受けて浮上する錘の重量 0.325.kg.

錘の受圧断面積  直径4.5cmであるから、 A=π 4.52/4=15.9.cm

従って錘が浮き上がる圧力(内圧)は、 0.325/15.9=0.00204.kg/c㎡.=204.mmAq

実験実測値は、0.025kg/c㎡でありよく一致する。